裏切りであふれるガールズバーやキャバクラの人間関係

どんな場所に最低の人間がいます。しかし育った環境が良かった人は、中学や高校、大学ではそういうクズのような人間に出会う機会が少ない傾向があります。その場合、20数年間生きてきて初めてクズに出会った時の衝撃はすさまじいものです。

私は普通の大学や職場を経て、キャバクラに勤め始めました。キャバクラと言うと業界として厳しいことはわかっていたし、みんなが生きるために必死だということは覚悟していました。しかし実際の現場はもっと地獄のようなものでした。

自分が稼ぐために誰かを貶めることは日常茶飯事です。嫌がらせ、悪口はもちおん、ひどい場合は私物の窃盗などもありました。質が悪いのは他人のお客さんにもそういう嫌がらせをするケースです。つまり、自分の売上を伸ばす努力よりも、他人に損害を与える努力を率先して行っているのです。

実際に合った例を言うと、私のお客さんにフリーで入った嬢がそのままアフターに行ったことがありました。まぁそれは私のフォローも悪かったので仕方ないです。しかし、最悪なのは、そのお客さんにアフターのお店の支払いを含め、散々お金を使わせた挙句、そのお店の店員と消えていったのです。つまり、お客さんは多少なりの期待をしていて、まぁご飯だけでもいいかなというところが、目の前で他の男にお持ち帰りされてしまったのです。お金払って罰ゲームです。

この例はキャバクラの話だと思いましたか?いいえ、これはガールズバーの話でした。確かにキャバクラのほうがクズが多いですが、最近は働きやすいという理由でガールズバーにもクズが集まる傾向になっています。女の子も、お客さんも、気を付けてくださいね。