男がガールバーに行く理由を考えることがお店の売上につながる

一般的にキャバクラやガールズバーに行く男の目的は「綺麗な女性とお話しする」ことですが、それは建前です。お店の営業形態的には確かにその通りですが、男の本音は「可愛い女の子を抱きたい」です。キャバクラではキャスト側もその意図を意識しつつ以下にお金を搾り取るかが重要な仕事でした。

ただガールバーの場合はどうでしょうね。女の子側はあくまでアルバイト、しかも学生が多く、「楽そうだから」という理由で働き始めた子がほとんどです。お店の売上のためにお客さんからお金を少しでも搾り取ろうと考える子はあまりいません。たまにドリンクバックのためにガンガン攻める子がいますが、リピート客を逃す可能性もあるのでお店としては難しいところです。

要は、一見さんではなく、リピート客をつかむことがお店の経営上大事なんですよ。特に立地が繁華街の路面店でない場合はリピート客の重要性が増します。

そういう時はお客さん一人一人のニーズを見極めなければなりません。中には「簡単に落とせる女の子を探している」男もいるでしょうね。でも大半は「可愛い女の子と話したい」だけの人も多いです。そういう人はブスをつけるとテンションが下がるだけでなく、他のお店に逃げてしまう可能性が高いです。

キャバにしてもガールズバーにしても、女の子が商品です。良い商品を仕入れないと、売り上げは伸びません。可愛い子、話が上手な子、愛嬌がある子、色々なタイプがありますが、最終的には「可愛い子」をいかにして集めるかが大事だと思います。