川崎はガールズバーが続々進出している

川崎は知る人ぞ知る風俗街です。神奈川県民は治安が悪いと思っている人が多いですが、確かに昼間から浮浪者なのか何なのか、よくわからない人がその辺をうろついていることが多いですね。

川崎駅周辺は本当の意味での風俗店が多く、そういう目的で来訪する男性が多いです。ただ一方で、健全に夜の遊び、キャバクラやガールズバーで遊びたい人も沢山います。

川崎駅のガールズバーおすすめ比較によれば、川崎駅周辺には11軒のガールズバーがあるようです。しかも最近オープンしたお店も多く、今後もっとガールズバーが増える見込みのようです。

川崎の傾向としては駅前の開発が進んでおり、警察の監視も厳しくなっています。その点は横浜と共通しており、指名制のない健全なガールズバーは半々といいう感じです。

私も一度川崎のガールズバーで体験入店したことがありますが、客層的には若い人の方が多い感じでしたね。料金設定は40分で3,000円前後で横浜よりは若干高いはずなのに、意外です。ただその分キャストの時給も若干高めの傾向があります。

川崎駅周辺で最も栄えているのは仲見世通りです。ガールズバーもこの通りに半数が存在します。もちろん、キャバクラもここが激戦区です。ピークタイムになると3m置きにキャッチがたっています(笑)ここを潜り抜けるだけで夜の世界を堪能でいるといっても過言ではないですね(笑)

ただ川崎にしても横浜にしても、キャッチの活動もかなり制限されているようです。特に自分のお店の前から離れてキャッチしていると摘発されることもあるようです。2020年に東京オリンピックを控えて、色々と風俗業界の規制も徐々に適正化されるかもしれませんね。